bigot tokyo ビゴ東京
フランスパンを日本に伝えたビゴの店

商品案内

※取り扱い商品は季節や店舗によって異なることがございます。詳細は、各店舗までお問い合わせくださいませ。

 

フランスパン パン・ド・ミ ヴィエノワズリー プティ・ガトー アントルメ 焼き菓子 マカロン ジュレ 伝統菓子

 

フランスパン

 

フランスパンの基本の材料は小麦粉とイースト、塩、水のみで発酵による小麦粉の味や香りをたのしめるのが醍醐味。

 

パンはフランス人にとっては毎日食べる「命」そのもの。

ごくシンプルな材料だからこそ、このパンを上手に焼き上げるには、生地をしこむ手の感覚と作り手の完成、発酵、焼き方の知識と技術が必要になります。ビゴではそれぞれのパンに合ったフランス産、また大変すばらしい粉があるカナダ産の小麦などを自分たちで工夫し、組み合わせ、ムッシュ・ビゴの教えを忠実に守りながら今日もパンづくりをしています。
 
Baguette バゲット
皮は薄くパリっとし、身は柔らかみがあり、大小不揃いの気泡ができているのが特徴。フランスパンの代表。
Batard バタール
「中間の」という意味。太めなので内側のやわらかい部分が多く、皮は薄めに焼きあがる。
Parisien パリジャン (左)
パン・トラディショネルの典型 一番長くて太く、食べごたえがある

Batard Special バタール・スペシャル
フランス産小麦を使用。皮はパリっと、身はもっちりしているのが特徴。フランス本国ではおなじみの製法。

 

Baguette speciale バゲット・スペシャル
フランス産小麦を使用したバゲット 皮もしっかりとしていて本国でも定番とされる日常使いのフランスパン
Baguette M.BIGOT ムッシュ・ビゴ
フランス産小麦を使用 先端の歯ごたえが醍醐味だが、湿度の高い日本では、召し上がりは当日をおすすめしたい
 
Pain au levain パン・オ・ルヴァン
ルヴァン(天然酵母)を使用  まろやかで心地のよい酸味は熟成したチーズやワインと最高の相性
Seigle Aubergne セーグル・オーベルニュ
ライ麦98%使用 身はもっちりとしていてどんな食材とも相性抜群
Marguerite マーガレット
マーガレットの形をしたプレーンなフランスパン パンナイフがないシチュエーションでもプチパンとして活躍してくれる
Seigle noix raisin セーグル・ノア・レザン
くるみとレーズンを練りこんだセーグルパン チーズと組み合わせても美味しい
 

 

Polka aux noix ポルカ・オ・ノア
くるみ入りのフランスパン 「ポルカ」とは斜め格子状のクープのこと
Figues フィグ
いちぢくを練りこんだフランスパン チーズ との相性は格別
 

 

Olivier オリビエ
塩漬けされたグリーンオリーヴを練りこんだフランスパン お酒のおつまみに最適
 

 

Boule ブール
「ブール」とはフランス語でボールの意 どんな場面でも使いやすいシンプルなフランスパン
Chataigne シャテーニュ
栗の粉を使用し さらに栗を練りこんだフランスパン ほのかな甘みともっちりとした食感が特徴的
 

 

Dainagon 大納言
大納言を練りこんだフランスパン ほのかな甘みが病みつきに
 
 

 

Paysanne fruits ペイザン・フリュイ
ドライフルーツとくるみを練りこんだプチ・バゲット オレンジピールが品の良いアクセントに
Pain fromage パン・フロマージュ
プレーンなチーズをごろごろと練りこんだフランスパン 焼き立ては中からチーズがとろけ出して何ともいえない美味しさに

 

Epi-bacon エピ・ベーコン
エピ(麦の穂)をかたどったベーコン入りのパン 噛むほどに味わいが増してくるのが特徴

 

Rodeve パン・ド・ロデヴ
中身はもっちりと軽いフランスパン ロデヴ村のスペシャリテを再現

 

 
※取り扱い商品は季節や店舗によって異なることがございます。詳細は、各店舗までお問い合わせくださいませ。

 

 

パン・ド・ミ

 

型に入れて焼く。これが一番の特徴である。

 

わたしはイギリスで食パンが生まれた理由を次のように考えている。食パンが生まれたイギリスは日本と同じく
海に囲まれた島国のため、湿度が高く、パンが湿気やすい。そこでスライスしてトーストするという、フランスとはちがうスタイルのこのパンが生まれたのだと思う。食文化にはかならずその土地の背景があるものだ。食パンをみると、それを実感する。(フィリップ・ビゴ)

 

Pain de mie パン・ド・ミ
もっちりとした身と、皮のさっくりとした食感が対照的。素材の味を大切に、長時間発酵かつシンプルに焼き上げます。
Pain de mie anglais パン・ド・ミ・アングレ
身はさっくりと軽く、皮はカリっと香ばしく焼きあがるのが特徴。トーストに最適。
Au germe de ble 胚芽食パン
胚芽入りの食パン。焼きあがりは全体がほのかに茶色で、香ばしい香り。トーストすると、この香りがさらに増す。
 

Aux raisin レーズン・ブレッド
おなじみのレーズン食パン。レーズンの自然な甘みが生地に映える逸品。

 

 

 
※取り扱い商品は季節や店舗によって異なることがございます。詳細は、各店舗までお問い合わせくださいませ。

 

ヴィエノワズリー

 

アトリエの中にいても、過ぎていく季節や日の光、風を感じることができます。

 

「四季のあるパン屋をつくりたい」
修業時代からずっとそんなことを考えていました。 ぼくのアトリエの日々は、いかにパンに季節感を盛り込むかという工夫の積み重ねでもあったのです。そして、今ビゴのアトリエには当たり前のように春夏秋冬が訪れます。春にはフルーツやカスタードクリームをあわせたプランタニエール。 夏にはドライトマトやオリーヴをのせたミラノ風フォカッチャ。さらにバレンタイデーやクリスマスなどの行事に合わせたパンも、たくさん並んでいます。アトリエの中にいても、過ぎていく季節や日の光、風を感じることできる。これが僕の理想でした。
 
Brioche ブリオッシュ
バターをたっぷり使ったリッチなパン ふわりとした食感は 生地をていねいに水分でのばしながら捏ねていくプロセスにある
Danoise-Thon ダノワーズ・ツナ
ツナをのせた食事デニッシュ 生地のほのかな甘みとツナの絶妙なコンビネーション
 
Souris-Pepe スーリー・ペペ
ねずみの形をしたクリームパン おじいちゃんねずみ(ペペ)が孫をおんぶ お子様にも大人気
 

Croissant クロワッサン
発酵バターがかおる大人気のクロワッサン 甘すぎない焼きあがりは食事としてもブレイクタイムにも最適

 
 
Pain au chocolat パン・オ・ショコラ
チョコレートを巻き込んだおなじみのクロワッサン生地のバリエーション
Corne au chocolat コルネ・オ・ショコラ
チョコレートクリームをたっぷり絞った定番コルネ お子様や女性にも大人気
Pate パテ
さくさくのパイ生地が美味しいミートパイ 朝食にも最適

Croque-Monsieur クロック・ムッシュ
ハムとホワイトソースをはさんでチーズをのせたホットサンド フランスのカフェでは定番のメニュー
Focaccia Provencale フォカッチャ・プロヴァンサル
2種のオリーヴとセミドライトマトをのせた南仏風フォカッチャ

 

Tarte-Poire 洋梨のデニッシュ
ビゴ長年のヒットアイテム サクサクのデニッシュ生地にカスタードをしぼりみずみずしい洋梨をぜいたくに使用

 

田舎風スコーン/ メープルスコーン
素朴な甘さが特徴のスコーン 素材の味をいかしてシンプルに焼き上げました
 
 
Danoise cerise ダノワーズ・スリーズ
みずみずしいダークチェリーをのせたデニッシュ

 
 
 
Tarte flambee タルト・フランベ
アルザス発祥のお食事タルト 自家製ホワイトソースにオニオンとベーコンをたっぷり
Pain aux raisin パン・オ・レザン
うずまき型のレーズンのデニッシュは フランスでも大人気の定番アイテム
 
Un croissant S.V.P!! あんクロワッサン
あんこのクレーム・ダマンドをコーティングした新発想の和クロワッサン
 

夏野菜のフォカッチャ
彩りも美しい野菜のフォカッチャ


 
 
 
Bois フリュイ・ド・ボア・キャラメリゼ
たくさんのナッツをのせタルト仕立てに ビゴ長年のヒットアイテム
Peche ペッシュ
桃のかたちがかわいいみずみずしいデニッシュ 白桃をぜいたくに使用しました
Pain perdu パン・ペルデュ
「ビゴおじちゃんのパン・ペルデュ」 フランスパンを特製ソースに充分にひたしたフレンチ・トースト
Quiche キッシュ
フランスの家庭の味 たまごを惜しみなく使ったキッシュ 素材の味をいかして
 
chausson aux pommes ショソン・ポム
甘酸っぱく煮詰めたリンゴをバター香るサクサクのパイで包みました

 

Viennois milk ヴィエノワ・ミルク
やさしいミルクパンに練乳クリームをサンド お子様や女性に大人気のヴィエノワズリー

 

 

 
※取り扱い商品は季節や店舗によって異なることがございます。詳細は、各店舗までお問い合わせくださいませ。

 

プティ・ガトー

 

色鮮やかなフルーツ、お砂糖を焦がしたり、クリームを重ねたり。

 

ビゴのショーケースはいつも宝石箱のように、お客様をわくわくさせることを真髄としています。特別な日に食べるケーキはもちろん、毎日の食卓やちょっとしたシーンにもパティスリーを。
そういった思いのもと、素材から厳選し、美味しいことはもちろん、見た目も美しく。
毎日ていねいに作り上げます。

 

Gateau fraise いちごのショートケーキ
大人気のショートケーキ ビゴだからこそ この美味しさ
Fraise fromage フレーズ・フロマージュ
いちごをのせたシンプルなチーズケーキ 素材の味をいかして
Fraisier フレジエ
フランス発いちごのケーキ カスタードクリームを贅沢に使用したリッチなケーキ
 
Roule ルレ
ビゴの定番フルーツのロールケーキ 生地はしっとり、品の良い甘さが特徴
 
 
Ciboust シブースト
キャラメリゼされたクリームがりんごと最高のマリアージュを生み出した逸品
Pudding aux mangues マンゴープリン
マンゴを贅沢に使用した濃厚なプリン さっぱりとした後味
Creme brulee クレーム・ブリュレ
生クリームの持つ美味しさを最大限に引き出した伝統菓子
Pudding chez nous 田園プリン
とろっと溶ける口当たりは絶妙 素材の味を引き出した究極のプリン
Mont-blanc Japonais 和栗のモンブラン
サクっと軽い食感が特徴的な和栗のモンブラン メレンゲとのマリアージュをたのしんで
Mont-Blanc francais モンブラン・フランセ
アーモンドタルトになめらかなフランス産マロンクリームを贅沢に絞りました アクセントにカフェを効かせて
Bruno ブリュノー
濃厚なムース・ショコラとピスタチオのクレーム・ブリュレ アクセントにナッツを
 
 
Baba au rhum ババ・オ・ラム
品の良いラム酒が香るケーキ 甘酸っぱいオレンジをのせるのが、フランス流
 
Tarte tatin タルト・タタン
じっくり煮詰めたりんごを贅沢に使用 その美味しさを閉じ込めた逸品
オレンジ・オレンジ・オレンジ
オレンジのゼリー、オレンジのピューレ、オレンジのピールとオレンジ尽くしのゼリー 品の良いさわやかな甘さ
ジュレ・オ・レザン
ぶどうのムースとゼリーをマリアージュ てっぺんにはぶどうリキュールのやさしいジュレをトッピング
 
Tarte Cappucino タルト・カプチーノ
黒砂糖のフランにコーヒークリームを合わせた大人のタルト
 
 
ピオーネのタルト
【季節限定】みずみずしいピオーネを使った秋のタルト 自然な甘みを味わって
Crepe aux marrons クレープ・オ・マロン
栗の粒々入りスポンジと生クリームをやわらかなクレープで包みました
シュクセ・オ・キャラメル
サクサクのショコラ土台にふんわり生地 キャラメル生クリーム仕立て
Plaisir プレジール
ショコラとヴァニラのニ層のムース きざんだオレンジを上品にのせて

 

 
※取り扱い商品は季節や店舗によって異なることがございます。詳細は、各店舗までお問い合わせくださいませ。

 

 

アントルメ

 

みんなを笑顔にする、魅惑のアントルメ

 

大切な記念日や、人が集まるパーティシーンに欠かせないアントルメの魔法。

季節の色をダイレクトに表現できるアントルメは、まさに四季の味覚そのもの。
大切な人と「おいしさ」という喜びを分かち合い、みんなを幸せな気持ちにしてくれる魔法のケーキなのです。

 

Gateau fraises ガトー・フレーズ
いちごの生デコレーション しっとりとしたスポンジに丁寧に仕上げた生クリームを 素材の味を最大限に引き出しました
Petit four プティ・フール
見た目も華やかなひとくちサイズのケーキの詰め合わせ ちょっとしたパーティやお茶会に
Tarte aux fraises タルト・フレーズ
いちごを贅沢に使用したビゴ流タルト・フレーズ ビゴで一番人気のタルト
Tarte aux Poires タルト・オ・ポワール
みずみずしい洋梨のタルト タルト生地もサクっとしっとり 素材の味を最大に引き出すためにシンプルに仕上げました
Peche de Vigne ペッシュ・ド・ヴィーニュ
赤もものタルト ほのかな酸味と品の良い甘さがタルト生地に絡まり最高のハーモニーを奏でます
 
※取り扱い商品は季節や店舗によって異なることがございます。詳細は、各店舗までお問い合わせくださいませ。

 

 

 

 

焼き菓子

 

あたりまえのことを当たり前にこなすこと

 

上質な素材を厳選し、シンプルな工程をひとつひとつこなすことによって、ビゴの焼き菓子は誕生します。

焼き菓子はフランスパンと同じくらいシンプル。
フランスのお母さんたちが長い歴史の中で守り続けてきた味と、その心温まる美味しさをおたのしみいただけます。

 

Madeleine マドレーヌ
貝殻の形が特徴的なバターをたっぷり使って焼き上げたフランス定番菓子
Visitandine ヴィジタンティーヌ
アーモンドの香りを封じ込め しっとりと焼き上げたケーキ
Sesame セザム
黒ゴマをたっぷり使用 和が香るしっとりクーヘン
Castanien カスタニエン
栗の食感が楽しい しっとりとしたケーキ
 
 
Financier chocolat フィナンシェ・ショコラ
ショコラ風味のフィナンシェ 上質なショコラの味をたのしんで
Financier the vert 抹茶のフィナンシェ
抹茶の香りがたのしめるしっとりフィナンシェ
Croquant クロッカン
「カリカリっとした」食感がたのしいメレンゲ菓子
Kuchen orange オレンジクーヘン
さっぱりとしたオレンジ味が特徴のしっとりとしたケーキ
 
 
Dacquoise ダッコワーズ
アーモンド風味のメレンゲ菓子 さくっとふんわりした食感
Leckrei レッケライ
元祖クッキーと呼ばれるシンプルなオーストリア発祥の焼き菓子
Galette bretonne ガレット・ブルトンヌ
フランス・ブルターニュ地方に伝わる伝統的な焼き菓子 バターをふんだんに使用
Enfants アンファン
小さなマドレーヌとショコラフィナンシェの詰め合わせ
 
 
Cigare d amade シガーダマンド
フランス語で葉巻の意 しっとりとした食感に、それぞれの風味をお楽しみください /オレンジ/シナモン/カフェ/アールグレイ/カフェ
Diamand ディアマン
フランス語で「ダイヤモンド」の意 レモン風味のシンプルなクッキー
Diamand chocolat ディアマン・ショコラ
ショコラ味のシンプルなクッキー
Sable marbre サブレ・マーブル
2種類の味が楽しめるサブレ
 
 
 
 
 
Sable pistache サブレ・ピスターシュ
ピスタチオの食感がたのしいサブレ
Sable florentin サブレ・フロランタン
アーモンドを散りばめた食感もたのしいサブレ
Petit muringue blanc プチ・メレンゲ
卵白とお砂糖の小菓子 コーヒータイムに
Macaron coco マカロン・ココ
ココナッツが美味しい小菓子 口の中で溶けるのをたのしんで
Florentin フロランタン
フィレンツェが語源 キャラメリゼされた風味豊かな小菓子
Twills coco チュイル・ココ
ココナッツ風味の薄焼きクッキー カリっとした食感が特徴
Twills aux amandes チュイル・オ・ザマンド
アーモンドを散りばめた薄焼きクッキー
Sable choco amande サブレ・ショコラアマンド
ショコラとアーモンドのサクサクサブレ
Sable sesame サブレ・セザム
ゴマの風味が楽しめるサクサクサブレ
Sable choco framboise サブレ・ショコラ・フランボワーズ
木イチゴのクリームをサンドしたショコラのサブレ
Kipfels vanille ヴァニラ・キプフェル
アーモンド香るウィーン菓子 サクサクとろける口当たりが病みつきに

 

Leckreis レッケライ
アーモンドが香るサクサクの食感をたのしんで

 

 
※取り扱い商品は季節や店舗によって異なることがございます。詳細は、各店舗までお問い合わせくださいませ。

 

 

マカロン

 

毎日にちょっとしたエッセンスを

 

さまざまなシーンで喜ばれるふっくらとかわいいマカロン、カカオが薫るショコラは、
きっと誰もをしあわせな気持ちにしてくれるとびきりのスイーツ。

フランス本国と同じように これらがより身近なお菓子となるように、
ビゴでは味を素材を追及し、日々ていねいに作り上げています。

 

Pistache
マカロン・ピスタチオ
Fraise
マカロン・フレーズ(いちご)
Vanille
マカロン・バニーユ(バニラ)
Chocolat
マカロン・ショコラ
 
Myrtille
マカロン・ミルティーユ(ブルーベリー)
Yuzu
マカロン・柚子
Peche de vigne
マカロン・ペッシュ(赤もも)
Orange
マカロン・オランジュ(オレンジ)
Sesame
マカロン・セザム(黒ごま)
 
※取り扱い商品は季節や店舗によって異なることがございます。詳細は、各店舗までお問い合わせくださいませ。

 

ジュレ

 

目にも美しい夏の定番

 

ぷるんと冷たいフルーツのジュレは、夏には欠かせない定番アイテムとなりました。
自然なフルーツの甘さを引き立てるため、その工程もいたってシンプル。

夏のギフトや、ちょっとしたおやつにも喜ばれるフランス風ゼリー。
常温でも、冷やしても、また凍らせてシャーベットとしても美味しく召し上がれます。

 

Pomme-verte
青りんご
Poire
ラ・フランス
Litchi
ライチ
Orange-Mandarin
マンダリン・オレンジ
 
Mangue
マンゴ
Pamplemousse
グループフルーツ
Plume-Shiso
しそ梅
Nectar vigne
ネクターヴィーニュ (赤もも)
 
Framboise
フランボワーズ(木いちご)
Raisin
レザン(ぶどう)
 
※取り扱い商品は季節や店舗によって異なることがございます。詳細は、各店舗までお問い合わせくださいませ。

 

伝統菓子

 

BIGOT TOKYOは伝統菓子の普及と継承に努めております。

 

多くのフランス菓子は、その土地ならではの素材や製法が光る、地方色豊かなものばかり。中には時代背景さえうかがえるものもあり、フランスの長い歴史をともに、その道を歩んできたことは明確です。今日洋菓子は広く普及し、様々な形で発展を遂げていますが、だからこそ伝統菓子の本来の味、魅力を大切に守り続け、伝えていきたい。多彩の伝統菓子と、その文化をたのしむこと、そしてそれをひとりでも多くの人に知っていただけたら・・FUJIMORIは日々考えています。

 

外はカリっと中はもっっちりボルドー地方の伝統菓子。日本で起きたあのブームの裏側も・・?
1月に食べるフランスの伝統菓子。当たれば王様?その歴史や美味しい召し上がり方の紹介。
アルザス地方発、たっぷりのドライフルーツやスパイスがたのしめる冬のスペシャリテ。美味しい食べ方も。
ソローニュ地方ラモット・ブヴロン村の「ホテルタタン」でうまれたリンゴのタルト。タタン姉妹の失敗から生まれたそのタルトは、まさに偶然の賜物。
 
パリ!ふわ!モチ!「焼き立て」を再現させる3つの方法 パン屋さんでパンを買う醍醐味は、コンビニやスーパーでパンを買うときにはなかなか味わえない 職人の手でていねいに作られた焼きたてのパンが食べられる、ということではないでしょうか。 焼き立てのパンの香ばしい香り、そしてその美味しさに触れる瞬間はまさに至福のとき。 けれどもその焼きたてのパンを いつでもすぐに食べられるとは限りません。夕食用に、また翌日の朝食用にパンを買うという方も多いのではないでしょうか。 お気に入りのパン屋さんで買ったパンは、ご自宅でも変わらずおいしく食べたいですよね。そんなとき、ご自宅のオーブンで 焼き立ての食感を取り戻す方法があるのをご存じですか? ただ温めるだけではなく、ちょっとしたひと手間加えるだけで、パンはあの焼きたての状態へ蘇ります。 とてもシンプルな方法ですが、今日はパン屋の娘歴ウ●●年(笑)のわたしが いつも実践している方法をご紹介します。 大事になのは「予熱」。オーブンはしっかり温めて。 温めるオーブンは、かならず予熱保温しておきます。温度にこだわりはありませんが、高温で最低1~2分はしっかりと予熱します。なぜ予熱が必要かというと、予熱して熱を蓄えたオーブン内にパンを入れることで、パンは360度全体からムラなく焼き上げることができるから。 また専門的なこと言うと、不十分な予熱の中にパンを入れると、オーブン内の温度が下がり、サーモスタットが働いて熱源から高い温度の熱風がパンに長時間あたり、パンの内部が温まる前に、表面ばかりが固くなってしまったり、また焦げやすくなってしまったりします。 霧吹きでワンプッシュ!適度に水を振りかけて。 とくに固くなりやすいフランスパンに、霧吹きで水分を加えることはとっても重要!霧吹きであれば、全体にまんべんなく。水滴が多少つくくらいでも構いません。焼きたてのパンはまだ水分量も多いから、食感もしっとりとしているのです。霧吹きによって吹きかけた水分が外面の皮の部分に染みこむことによって、ご自宅のオーブンでもその焼きならでは水分量を再現させることができます。 またバターや油分の多いデニッシュ系は、劣化の原因は乾燥だけではないので、この方法でおすすめしたいのは、フランスパンや食パンなどのシンプルなパン。(もちろん、デニッシュ系でも水分を軽く吹きかけて温めても、美味しく召し上がれます。) 「低温」でじっくり。待てば待つほど増す味わい。 予熱させておいたオーブンは、低温に設定をしなおします。 そこに先ほどのパンを入れて5~6分が目安。じっくりじっくり中まで熱が入っていくことによって、中の生地はしっとりもっちり、外の皮はパリっとした食感が蘇ります。 また朝など時間がないときは、霧吹きしたパンをアルミホイルにくるみ、そのまま高温状態のオーブンに入れても構いません。大事なのは、強すぎる熱がそのままパンにあたらないようにすること。 焦げてしまったり、表面ばかり固くなってしまうことを防ぎます。 =========== せっかくお気に入りのブーランジェリーで買ったパンは、自宅でも美味しく食べたいですよね。これらの3つの方法を実践するだけで、いつものパンがぐっと美味しくなります。ご存じなかった方は、これから是非 試してみてくださいね。 (http://ameblo.jp/momopeche123/entry-11993962326.html)

プライバシーポリシー | 法人のお客さま
Copyright © 2018 Bigot Tokyo All Rights Reserved