BIGOT TOKYO ビゴ東京
フランスパンを日本に伝えたビゴの店

メディア掲載:自由が丘ガイド

 

 

「お店の原点は80年代、藤森氏がフィリップ・ビゴ氏の下で修業を始めたころにある。徹底的にフランスパンの技術を学び、独立してからもビゴ氏の味を忠実に守っているそうだ。それでも、もともとパティシエだった藤森氏ならではの発想で新しい商品も生み出してきた。苺やオレンジ、栗など四季の食材をとりいれた商品は、日本人の藤森氏らしいアイデアだ」・・・・・・?続きはコチラから https://tokyo.itot.jp/jiyugaoka/173

 

.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

快挙! パリ ガレットデロワコンクール準優勝 パリで毎年、新年に開催されるガレットデロワコンクール(正式名称:CONCOURS DE LA MEILLEURE GALETTE AUX AMANDES DE L'ILE-DE-FRANCE、主催:Boulangers de Grand Paris)、弊社「トントン・ビゴ(港南台高島屋店)」所属のブーランジェール石沢 美樹が見事 準優勝しました。 当コンクールは毎年300名近い参加者がそれぞれ腕を振るったガレットデロワを持ち込み、以下の基準で審査されます。 コンクールに出品したガレット <規定> ー直径30cm ―アーモンドクリームをいれること(フランジパンも可能) ーカット模様は自由だが、店で販売可能な範囲を超えないこと ーピティビエカットも可能 *フェーヴを入れる必要はなし <配点> 焼成 20点 カット模様 20点 アーモンドクリーム 20点 フイユタージュ 20点 断面のフイユタージュとクリームのバランス 20点 2020年コンクールは総勢277名が参加。研修生部門、従業員部門、経営者部門の3つのカテゴリーに別れ、石沢は参加した”経営者”部門にて、名だたる人気店のブーランジェを飛び越え、見事2位・準優勝に輝きました。 「なかなか名前が呼ばれないので、このままずっと呼ばれずに終わるのではと思った。初めて使う窯で焼くなど、いつもと違う環境で作るガレットは本当に緊張しました。はじめてのフランス、皆さんのおかげで結果を残せて、本当にうれしいです」と表彰後、安堵の表情を見せました。 ビゴ東京各店舗では1月末日までガレットデロワを販売。美しいクープ模様、サクサクのフイユタージュ生地、コクのあるアーモンドクリームが特徴的なビゴ東京のガレットデロワで、新年の運試しをしてみてはいかがでしょうか。

Recommend Column

メディア掲載:マイナビニュース ごはん派の俺が"プ‥ 続きを読む
メディア掲載:CREA6月号 「なんでこんなにパンが好き?」 ‥ 続きを読む

プライバシーポリシー | 法人のお客さま
Copyright © 2018 Bigot Tokyo All Rights Reserved