bigot tokyo ビゴ東京
フランスパンを日本に伝えたビゴの店

 

【快挙!】ガレット・デ・ロワコンクール

日本大会にて鎌倉店の石沢が優勝!

 

           

 

ガレットデロワコンクール2018日本大会にて、鎌倉店「モン・ペシェ・ミニョン」の石沢が優勝いたしました。
日本大会優勝者には、翌々年フランス本国におけるガレット・デ・ロワコンクールへ日本代表として参加権が与えられ、2020年1月、石沢は日本代表としてフランス・パリへ向かいます。

 

 

「売れなくても焼き続けなさい」。
お客さんにまずは 知ってもらい、食べて喜んでいただくことをもっとも大切なことと考え、BIGOT TOKYOは フランスの冬を象徴するガレットデロワをこの50年間、毎冬たくさん焼いてまいりました。毎冬、店頭にはたくさんのガレットデロワが各店に並びます。

 

今回優勝した石沢も、同コンクールにて多数入賞歴を持つ鎌倉店シェフ会津より指導を受け、ここまでやってくることができました。
これまでビゴのスタッフは優勝2回、準優勝1回、3位2回と好成績をおさえめることができているのも、ビゴのガレットを支持くださるお客様がいらっしゃるから。これからもムッシュの教えのとおり、お客様に喜んでいただくことをモットーに美味しいガレットデロワを焼き続けてまいります。

 

      

 

どうぞ、この冬もBIGOT TOKYOのガレットデロワをお楽しみください!

 

 

 

 

ガレット・デ・ロワ2019のご案内 今年もガレット・デ・ロワの季節がやってきました。 ⇒ ガレットデロワの話 シェフFUJIMORIは、ムッシュ・ビゴとともに40年前から毎年この時季になるとガレット・デ・ロワを毎日焼いてまいりました。 本物のガレット・デ・ロワを日本に確実に根付かせるため、各方面のお力添えをいただき協会を設立、ガレット・デ・ロワの普及のために長い年月走りつづけております。 年末になるとたくさんのお客様から「新年のガレットデロワはいつから発売するの?」と様々なところでお声掛けくださるようになり、また日本でも多くのお店がそれぞれ見事なガレットを扱うようになり、かつてムッシュとともに掲げた「本物のフランスの食文化を日本の皆様に知ってもらう」という夢がまたひとつ、叶えることができたのかと思うと感無量です。 BIGOT TOKYOは今季も1月中は各店舗毎日ガレット・デ・ロワをご用意してお待ちしております。 新年はぜひ皆様でガレット・デ・ロワを囲み、新しい年をお祝いください。 ――――――――――――――――――――――――――――――― 商品名:ガレット・デ・ロワ 金 額:Sサイズ15cm¥2,500、Mサイズ18cm¥2,800、 Lサイズ21cm ¥3,200 取扱店:さぎぬま(東京本店)、エスプリドビゴ(田園調布店)、オプティフリアンディーズ(玉川高島屋店)、トントンビゴ(港南台高島屋店)、モンペシェミニョン(鎌倉店) ‐――――――――――――――――――――――――――――――

プライバシーポリシー | 法人のお客さま
Copyright © 2018 Bigot Tokyo All Rights Reserved