BIGOT TOKYO ビゴ東京
フランスパンを日本に伝えたビゴの店

カヌレ日本発祥秘話、ここに。

『藤森さんの焼くのカヌレがやっぱり一番!』

 

 

 

『色々な店のカヌレを食べてきたけれど、藤森さんのがやっぱり一番!』

 

 

お客様からこんな嬉しいお言葉を頂く事、とても多いのです。「藤森二郎がカヌレを流行らせた」さまざまなところで、

いろいろな方からそう嬉しいお言葉をいただきます。

それでは、カヌレって?  東京ではいつから作り始めたの

 

今日はそんな、カヌレのちょっとした小話をさせていただきます。

 

 

20年ほど前の話です。

 

雑誌Hanakoさんの取材で『この次はどんなお菓子が流行りますかね~』と聞かれた藤森二郎。

当時、SNSもなければインターネットもない時代。我々、お菓子・パンのトレンドの発祥といえば雑誌Hanakoさん、でした。

Hanakoさんは当時、本当にたくさんのフードブームを巻き起こしていたんですよね。

 

それで、藤森は答えました。こんな伝統菓子がボルドーにあるんですよ、日本でも定着したらいいな~』とカヌレをご紹介。

当時、カヌレの型が大量に余ってしまっていたフランスの業者さんから、大量にカヌレ型を買い込んでいた藤森ですが(笑)、

そんなことはさておき、この素朴だけれど、ボルドーの街を歩くとパン屋さんにはいつも置いてある、

とても地味で素朴だけれど、そのおいしさは天下一品! 

 

相当カヌレに心打たれた藤森は、いつか絶対自分の店でもカヌレを焼くぞと考えていたものでした。

 

 

そこでHanakoさんに提案したのです。

『カヌレみたいなお菓子、きっと次きますよ・・!』と。

 

 

 

そもそも、カヌレとは?

 

カヌレ・ド・ボルドー

フランス大西洋側、ワインで有名なボルドー生まれの伝統菓子です。

シンプルな素材と見た目からは想像できない、風味豊かなお菓子。

皮はカリカリっと、中身はもっっちり。特徴的なフォルムですが、たまご、ラム、お砂糖を流し込んだ

とってもシンプルなお菓子です。

 

 

 

 

 

突如、東京にあらわれた「カヌレタワー」

 

当時日本では、カヌレは個人のお菓子屋さんがたまに、それも少量、焼いて売っている程度でした。

そのどれもが美味しいカヌレでしたが、パティスリー(お菓子屋さん)なので窯のサイズであったり、

オペレーション上の問題で、そのカヌレの製造数にも限りがある。どうしても多くは作れないのです。

 

そこで、藤森は立ち上がりました。

 

1日に何百個もカヌレを焼き上げて、それを山積みにして店頭に並べたのです!!

 

想像してみてください、パン屋さんの店頭に突如現れた山積みになったカヌレ。

それはもう、ものすごい迫力です。

みるみるうちに、グルメなお客様たちの間でビゴのカヌレの噂は広がり、連日、お店の前にはカヌレ目当てのお客様でいっぱい!

長蛇の列で、整理券をお配りするほどの大盛況。

たくさんのメディアが取り上げてくださり、テレビでも「カヌレブーム到来!!」などとたくさん報道してもらい、

瞬く間に、日本にカヌレブームがやってきたのです。

 

 

 

これが、日本の第一次カヌレブームの誕生秘話。

けれども、当時 そんな日本のブームを知ったフランス人の友人はみんな口をそろえてこう言いました。

 

『なんでTokyoでカヌレが流行ってるわけ??』

 

そりゃそうですよね(笑)

だって私たちにしてみれば、パリで名古屋のういろうが流行っているようなものですもの。笑

 

そんなとき、当時ホテル西洋のシェフをされていた

大先輩・稲村さん(現:PATISSERIE INAMURA SHOZOシェフ)が藤森のもとにご来店!

 

こう言いました。

『藤森くん、よくこんなカヌレのような難しいお菓子をやるねぇ~。。。』

やばい!このとき藤森は、背筋の凍る思い。

 

藤森『え!どうして? どうしてカヌレが難しいんです??』

 

 

稲村さん『どうしてって・・、これだけしっかり焼いてるのに皮はうすくパリパリ。
それなのに中はこんなにも、もちもちじゃない。』

 

藤森『(歓喜)』

 

 

お菓子屋さんには当時、多少の抵抗があったお菓子だったようですが、

我々パン屋にとってみれば、もっとも得意とするジャンルのお菓子だったわけですが、

これは有難いお言葉! 大先輩でありフランスをよく知る一流パティシエに、認めてもらったわけですから!

 

=============================

 

 

藤森率いる我々チーム一同は、ブームが過ぎたあとでも、各店舗で毎日沢山のカヌレを焼き続けています。

だってガレットデロワやクインーアマン、、、こういうお菓子を定着させていくのがわたくし共の使命ですもの。

 

 

ps

Une brioche, s il vous plait.

Avec ce-ci ? Ce sera tout?

Euh, egalement 2 canneles s il vous plait !

Merci !

 

私も朝食のブリオッシュを買うときのレジで、ついついカヌレを1つ2つと買ってしまうのです。

 

 

 

カヌレをお取り寄せする

 

 

 

(文/MFC)

 

=====================================================

*この記事は2008年に更新されたものです。内容は当時の情報となりますので、予めご了承ください。
 

 

 

.

 

田園調布の街に23年、愛していただきました 玉川田園調布2丁目。 シェフ藤森が自身が手掛ける2店舗目としてオープンした「エスプリ・ド・ビゴ」 万事、フランス流をモットーにしたその店には、毎朝焼き立てのパンを求めに地元のお客様が足を運んでくださり、2階のカフェではお客様が憩いの場として―情報交換の場として思い思いの時間を過ごしてくださいました。 ここ「エスプリ・ド・ビゴ」が田園調布のなかの”小さなフランス”となればー  そんな想いを抱き、1997年エスプリ・ド・ビゴはオープンしました。 沢山の職人たちが、このお店で修業し 自身のパン屋をオープンさせました。 沢山のお客様が、この店を愛してくださり、ときに叱咤激励をいただき、成長させてくださいました。 一言では言い表せないほどの、沢山の想いとエスプリが詰まったお店です。 エスプリ・ド・ビゴを長年、愛していただき本当にありがとうございます。 エスプリ・ド・ビゴは、2020年7月31日をもちましてそれまでの23年の歴史に幕を閉じ、同じ田園調布の地にて、2020年9月に再出発・生まれ変わります。 次なる新店舗はシェフ藤森二郎の娘・藤森もも子(株式会社ふじ森、代表)が事業を継承し、生まれ変わります。 2020年9月中旬、同じ田園調布の地にて生まれ変わる新しい「エスプリ」を どうぞ、お楽しみに! ◆ ル トーキヨーフレンチベーカリー エスプリ 所在地 : 〒158-0085 東京都世田谷区玉川田園調布2丁目6−21 電話  : 03-6715-6699 営業時間: 8:00~19:00     詳しくはコチラをご覧ください。 .

Recommend Column

シュトーレンのお話 photo par: y/mode ドイツ生まれのシュ‥ 続きを読む
ガレット・デ・ロワの話 Histoire de la Galette des Rois : ‥ 続きを読む

プライバシーポリシー | 法人のお客さま
Copyright © 2018 Bigot Tokyo All Rights Reserved