bigot tokyo ビゴ東京
フランスパンを日本に伝えたビゴの店

ガレット・デ・ロワの話

Histoire de la Galette des Rois : ガレット・デ・ロワの話
 
ガレット・デ・ロワの話、ビゴ東京,フランスパンの最高峰
 
エピファニー(公現節)の祝日に食べる
Galette des Rois:「ガレット・デ・ロワ」
 
 
 
1月中はたくさんのパティスリー・ブーランジュリーで見かけるようになった「ガレット・デ・ロワ」。切り分けて、あたりが出たら1年の幸せを約束されるというなんとも楽しいお菓子です。バター香るサクサクのパイ生地の中にアーモンドクリームが詰まった何とも贅沢な味わい。今回はそんなガレット・デ・ロワのご紹介です。
 

そもそも、ガレット・デ・ロワとは?

 
 「王様のお菓子」という意味のフランスの伝統菓子です。
中にはフェーブと呼ばれる小さな陶器が入っていて、切り分けたときにそれが当たった人は王冠をかぶり、「王様」「女王様」として皆からたくさんの祝福を受け、そしてその一年を幸せに過ごせると言われています。
 
発祥の地 本国フランスでは新年を祝うためには不可欠で、この時期人が集まる機会があれば、各自が自慢のガレット・デ・ロワを持ち寄り、一年の幸運をもたらすフェーヴのゆくえをめぐって盛り上がります。
 
 
 

ガレット・デ・ロワはもとはキリスト教のお菓子だった

 
ガレット・デ・ロワはもともと16世紀フランスで生まれたキリスト教の公現節(1月6日)を祝って食べられるお菓子。この日、東方三博士が星に導かれてベツレヘムを訪れ、イエスの誕生を祝福したと言われています。現代では宗教色はほとんど失われていますが、新年お祝いする楽しいイベントとして人々の生活に定着しています。1月になるとパン屋さんやお菓子屋さんの店頭にいっせいにガレット・デ・ロワが並び、その数の多さは圧巻!
 
 

ガレット・デ・ロワの楽しい、そして美味しい食べ方

 
 
 
皆の前で切るとフェーヴがどこにあるかわかってしまうので、誰かひとりが皆のいないところで切り分け、最後に残った一切れを取ります。本国フランスの家庭では、お母さんがガレット・デ・ロワを切り分け、そしてその中で一番年の若い子供がひとり、テーブルの下にもぐります。「このガレットは誰の?」とお母さんがテーブルの下の子どもに尋ね、「それは○○の!」と、その子供がどのガレットが誰のところへ配られるかも、全部決めて食べるのです。またBIGOT TOKYOのガレットデロワは上質な発酵バターをたっぷり使ったパイ生地ですので、室温でもおいしく召し上がれますし、オーブンで少し温めていただくと より美味しく召し上がれます。
 
ガレット・デ・ロワの話、ビゴ東京,フランスパンの最高峰
 
★ クラブ・ドゥ・ラ・ガレット・デ・ロワ ( ガレットデロワ協会 )とは

フランス大使公認で、正統派菓子を普及する協会です。名誉会長に駐日フランス大使、会長をパティシエシマ島田進シェフ、副会長をBIGOT TOKYO:FUJIMORI務めており、こちらの協会ではガレットデロワをはじめ、さまざまはフランス伝統菓子の普及、継承をおこなっています。毎年1月に大使館で行われるエピファニーをはじめ、各方面のイベントなども実施。
 
 

 ご案内

 
ビゴ東京(BIGOT TOKYO)シェフFUJIMORIはムッシュ・ビゴの教えを忠実に守り、このガレット・デ・ロワという素晴らしいフランスの伝統菓子をひとりでも多くの日本のお客様に知って召し上がって頂くべく、この時期になると日々何台も焼き続け、30年以上に渡りその普及活動に勤しんでて参りました。
近年では日本でもこうして沢山のパティスリー・ブーランジュリーでもこのガレットが登場し、皆様にもお求め頂きやすくなったことを何よりの喜びとムッシュ・ビゴそしてFUJIMORIは考えます。
 
ビゴ東京(BIGOT TOKYO)のガレット・デ・ロワはフランス本国本来の伝統をそのまま継承するべく、ガレットの中に本物のフェーヴ(小さな陶器の置き物)が入っております。
召し上がる際、誤飲には十分にお気を付けください。また小さなお子様、ご高齢の方が召し上がる際には特に周囲の皆様のご注意をお願いしております。
 
ビゴ東京(BIGOT TOKYO)では1月中は毎日このガレット・デ・ロワをご用意いたします。新年のお祝いや運試しに、是非ご家族と、大切な方たちと幸せを切り分けてシェアしませんか。

 

パリ!ふわ!モチ!「焼き立て」を再現させる3つの方法 パン屋さんでパンを買う醍醐味は、コンビニやスーパーでパンを買うときにはなかなか味わえない 職人の手でていねいに作られた焼きたてのパンが食べられる、ということではないでしょうか。 焼き立てのパンの香ばしい香り、そしてその美味しさに触れる瞬間はまさに至福のとき。 けれどもその焼きたてのパンを いつでもすぐに食べられるとは限りません。夕食用に、また翌日の朝食用にパンを買うという方も多いのではないでしょうか。 お気に入りのパン屋さんで買ったパンは、ご自宅でも変わらずおいしく食べたいですよね。そんなとき、ご自宅のオーブンで 焼き立ての食感を取り戻す方法があるのをご存じですか? ただ温めるだけではなく、ちょっとしたひと手間加えるだけで、パンはあの焼きたての状態へ蘇ります。 とてもシンプルな方法ですが、今日はパン屋の娘歴ウ●●年(笑)のわたしが いつも実践している方法をご紹介します。 大事になのは「予熱」。オーブンはしっかり温めて。 温めるオーブンは、かならず予熱保温しておきます。温度にこだわりはありませんが、高温で最低1~2分はしっかりと予熱します。なぜ予熱が必要かというと、予熱して熱を蓄えたオーブン内にパンを入れることで、パンは360度全体からムラなく焼き上げることができるから。 また専門的なこと言うと、不十分な予熱の中にパンを入れると、オーブン内の温度が下がり、サーモスタットが働いて熱源から高い温度の熱風がパンに長時間あたり、パンの内部が温まる前に、表面ばかりが固くなってしまったり、また焦げやすくなってしまったりします。 霧吹きでワンプッシュ!適度に水を振りかけて。 とくに固くなりやすいフランスパンに、霧吹きで水分を加えることはとっても重要!霧吹きであれば、全体にまんべんなく。水滴が多少つくくらいでも構いません。焼きたてのパンはまだ水分量も多いから、食感もしっとりとしているのです。霧吹きによって吹きかけた水分が外面の皮の部分に染みこむことによって、ご自宅のオーブンでもその焼きならでは水分量を再現させることができます。 またバターや油分の多いデニッシュ系は、劣化の原因は乾燥だけではないので、この方法でおすすめしたいのは、フランスパンや食パンなどのシンプルなパン。(もちろん、デニッシュ系でも水分を軽く吹きかけて温めても、美味しく召し上がれます。) 「低温」でじっくり。待てば待つほど増す味わい。 予熱させておいたオーブンは、低温に設定をしなおします。 そこに先ほどのパンを入れて5~6分が目安。じっくりじっくり中まで熱が入っていくことによって、中の生地はしっとりもっちり、外の皮はパリっとした食感が蘇ります。 また朝など時間がないときは、霧吹きしたパンをアルミホイルにくるみ、そのまま高温状態のオーブンに入れても構いません。大事なのは、強すぎる熱がそのままパンにあたらないようにすること。 焦げてしまったり、表面ばかり固くなってしまうことを防ぎます。 =========== せっかくお気に入りのブーランジェリーで買ったパンは、自宅でも美味しく食べたいですよね。これらの3つの方法を実践するだけで、いつものパンがぐっと美味しくなります。ご存じなかった方は、これから是非 試してみてくださいね。 (http://ameblo.jp/momopeche123/entry-11993962326.html)

Recommend Column

シュトーレンのお話 photo par: y/mode ドイツ生まれのシュ‥ 続きを読む
『ビゴのカヌレがやっぱり一番!』 『色々な店のカヌレを食べてきたけれ‥ 続きを読む

プライバシーポリシー | 法人のお客さま
Copyright © 2018 Bigot Tokyo All Rights Reserved