bigot tokyo ビゴ東京
フランスパンを日本に伝えたビゴの店

日本テレビ「zip!」(3/16オンエア)

ビゴの店 銀座店で展開中の「桜Breads」より桜あんのフランスパンをご紹介いただきました。ビゴの店 銀座店で展開中の「桜Breads」より桜あんのフランスパンをご紹介いただきました。
 
3月16日(木)オンエアの日本テレビ「zip!」より、「Boomers! マロニエゲート銀座注目店!」として、ビゴの店 銀座店で展開中の「桜Breads」より桜あんのフランスパンをご紹介いただきました。
 
 桜あんのフランスパン_mini 桜のフランスパン3_mini
「桜Bread」より、
 
●桜あんのフランスパン(左)は、桜の塩漬けをのせた可愛らしいまん丸のフォルムに、たっぷりと桜餡をつめ、朝食やちょっとしたティータイムにも活躍してくれる逸品。思わず日本茶とマリアージュさせたくなるような、そんな味わいです。
●桜のフランスパン(右)は、シンプルなフランスパンに桜の葉の塩漬けをたっぷりと練りこみました。簡単に手でちぎり分けられるので、パンナイフのないシーン、お花見などでも大活躍する逸品。無塩バターとの相性がばつぐんで、お食事にも最適です。また、あんこを合わせてスイーツとしてもお楽しみいただけます。
 
ぜひ、おためしください。
 
 
ビゴの店(銀座店): 03-3561-5205

 

ガレット・デ・ロワ2019のご案内 今年もガレット・デ・ロワの季節がやってきました。 ⇒ ガレットデロワの話 シェフFUJIMORIは、ムッシュ・ビゴとともに40年前から毎年この時季になるとガレット・デ・ロワを毎日焼いてまいりました。 本物のガレット・デ・ロワを日本に確実に根付かせるため、各方面のお力添えをいただき協会を設立、ガレット・デ・ロワの普及のために長い年月走りつづけております。 年末になるとたくさんのお客様から「新年のガレットデロワはいつから発売するの?」と様々なところでお声掛けくださるようになり、また日本でも多くのお店がそれぞれ見事なガレットを扱うようになり、かつてムッシュとともに掲げた「本物のフランスの食文化を日本の皆様に知ってもらう」という夢がまたひとつ、叶えることができたのかと思うと感無量です。 BIGOT TOKYOは今季も1月中は各店舗毎日ガレット・デ・ロワをご用意してお待ちしております。 新年はぜひ皆様でガレット・デ・ロワを囲み、新しい年をお祝いください。 ――――――――――――――――――――――――――――――― 商品名:ガレット・デ・ロワ 金 額:Sサイズ15cm¥2,500、Mサイズ18cm¥2,800、 Lサイズ21cm ¥3,200 取扱店:さぎぬま(東京本店)、エスプリドビゴ(田園調布店)、オプティフリアンディーズ(玉川高島屋店)、トントンビゴ(港南台高島屋店)、モンペシェミニョン(鎌倉店) ‐――――――――――――――――――――――――――――――

Recommend Column

吸う人も吸わない人もおいしくパンを! BIGOT TOKYO‥ 続きを読む
年末年始の営業スケジュール いつもご利用いただきましてありがとうございます。‥ 続きを読む
クリスマスケーキ2018 いつもご利用いただきまして‥ 続きを読む

プライバシーポリシー | 法人のお客さま
Copyright © 2018 Bigot Tokyo All Rights Reserved