bigot tokyo ビゴ東京
フランスパンを日本に伝えたビゴの店

フィリップ・ビゴ氏を偲んで

ビゴ東京(BIGOT TOKYO)とは,ビゴのパンについて,一流のフランスパンとは

 

2018年9月17日、フィリップ・カミーユ・アルフォンス・ビゴ氏はその76歳の誕生日の日に、76年の生涯を終えられました。

1942年、フランス ・ノルマンディー地方にパン屋の息子として生まれ、22歳で来日。
日本に、”本物のフランスパン”を定着させるため、各地をまわり、人材育成、普及活動に努めました。

 

1972年 芦屋に「ビゴの店」第1号店を開業。1980年には東京第1号店となる「ドゥース・フランス」をプランタン銀座に開業しました。

1982年 国家功労賞シュヴァリエ章(Chevalier de l’Ordre du Merite National:フランス)受章

1987年 農事功労章シュヴァリエ章(Chevalier de l’Ordre du Merite Agricole Chevlier:フランス)受章

1998年 農事功労章オフィシエ章(Chevalier de l’Ordre du Merite Agricole Officier:フランス)受章

2003年 レジオンドヌール勲章(L’ordre national de la légion d’honneur :フランス)受章

1990年 文化庁食生活文化大賞(日本)受賞

2017年には外国人として初の現代の名工(日本)に表彰されました。

 

 

どんなときもフランスパンのために走り続けてきた彼の教えであるビゴ氏の精神「エスプリ・ド・ビゴ」を わたしたちは胸に宿し、スタッフ一同、今後もフランスパンの最高峰を目指し、追求、そして革新を続けてまいります。

ビゴ氏がわたしたちに望む唯一つのことは、美味しいパン、そしてそのパンを通してフランスの豊かな食文化をひとりでも多くのお客様にお届けし、お喜びいただくこと。

「パンを分かち合うことで人はコパン(Copain: 友)となる」というビゴ氏の教えを込め、今日もご来店くださるお客様に温かく尊いパンをお贈りします。

 

 

BIGOT TOKYOスタッフ一同

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガレット・デ・ロワ2019のご案内 今年もガレット・デ・ロワの季節がやってきました。 ⇒ ガレットデロワの話 シェフFUJIMORIは、ムッシュ・ビゴとともに40年前から毎年この時季になるとガレット・デ・ロワを毎日焼いてまいりました。 本物のガレット・デ・ロワを日本に確実に根付かせるため、各方面のお力添えをいただき協会を設立、ガレット・デ・ロワの普及のために長い年月走りつづけております。 年末になるとたくさんのお客様から「新年のガレットデロワはいつから発売するの?」と様々なところでお声掛けくださるようになり、また日本でも多くのお店がそれぞれ見事なガレットを扱うようになり、かつてムッシュとともに掲げた「本物のフランスの食文化を日本の皆様に知ってもらう」という夢がまたひとつ、叶えることができたのかと思うと感無量です。 BIGOT TOKYOは今季も1月中は各店舗毎日ガレット・デ・ロワをご用意してお待ちしております。 新年はぜひ皆様でガレット・デ・ロワを囲み、新しい年をお祝いください。 ――――――――――――――――――――――――――――――― 商品名:ガレット・デ・ロワ 金 額:Sサイズ15cm¥2,500、Mサイズ18cm¥2,800、 Lサイズ21cm ¥3,200 取扱店:さぎぬま(東京本店)、エスプリドビゴ(田園調布店)、オプティフリアンディーズ(玉川高島屋店)、トントンビゴ(港南台高島屋店)、モンペシェミニョン(鎌倉店) ‐――――――――――――――――――――――――――――――

Recommend Column

吸う人も吸わない人もおいしくパンを! BIGOT TOKYO‥ 続きを読む
年末年始の営業スケジュール いつもご利用いただきましてありがとうございます。‥ 続きを読む
クリスマスケーキ2018 いつもご利用いただきまして‥ 続きを読む

プライバシーポリシー | 法人のお客さま
Copyright © 2018 Bigot Tokyo All Rights Reserved