BIGOT TOKYO ビゴ東京
フランスパンを日本に伝えたビゴの店

フィリップ・ビゴ氏を偲んで

ビゴ東京(BIGOT TOKYO)とは,ビゴのパンについて,一流のフランスパンとは

 

2018年9月17日、フィリップ・カミーユ・アルフォンス・ビゴ氏はその76歳の誕生日の日に、76年の生涯を終えられました。

1942年、フランス ・ノルマンディー地方にパン屋の息子として生まれ、22歳で来日。
日本に、”本物のフランスパン”を定着させるため、各地をまわり、人材育成、普及活動に努めました。

 

1972年 芦屋に「ビゴの店」第1号店を開業。1980年には東京第1号店となる「ドゥース・フランス」をプランタン銀座に開業しました。

1982年 国家功労賞シュヴァリエ章(Chevalier de l’Ordre du Merite National:フランス)受章

1987年 農事功労章シュヴァリエ章(Chevalier de l’Ordre du Merite Agricole Chevlier:フランス)受章

1998年 農事功労章オフィシエ章(Chevalier de l’Ordre du Merite Agricole Officier:フランス)受章

2003年 レジオンドヌール勲章(L’ordre national de la légion d’honneur :フランス)受章

1990年 文化庁食生活文化大賞(日本)受賞

2017年には外国人として初の現代の名工(日本)に表彰されました。

 

 

どんなときもフランスパンのために走り続けてきた彼の教えであるビゴ氏の精神「エスプリ・ド・ビゴ」を わたしたちは胸に宿し、スタッフ一同、今後もフランスパンの最高峰を目指し、追求、そして革新を続けてまいります。

ビゴ氏がわたしたちに望む唯一つのことは、美味しいパン、そしてそのパンを通してフランスの豊かな食文化をひとりでも多くのお客様にお届けし、お喜びいただくこと。

「パンを分かち合うことで人はコパン(Copain: 友)となる」というビゴ氏の教えを込め、今日もご来店くださるお客様に温かく尊いパンをお贈りします。

 

 

BIGOT TOKYOスタッフ一同

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

快挙! パリ ガレットデロワコンクール準優勝 パリで毎年、新年に開催されるガレットデロワコンクール(正式名称:CONCOURS DE LA MEILLEURE GALETTE AUX AMANDES DE L'ILE-DE-FRANCE、主催:Boulangers de Grand Paris)、弊社「トントン・ビゴ(港南台高島屋店)」所属のブーランジェール石沢 美樹が見事 準優勝しました。 当コンクールは毎年300名近い参加者がそれぞれ腕を振るったガレットデロワを持ち込み、以下の基準で審査されます。 コンクールに出品したガレット <規定> ー直径30cm ―アーモンドクリームをいれること(フランジパンも可能) ーカット模様は自由だが、店で販売可能な範囲を超えないこと ーピティビエカットも可能 *フェーヴを入れる必要はなし <配点> 焼成 20点 カット模様 20点 アーモンドクリーム 20点 フイユタージュ 20点 断面のフイユタージュとクリームのバランス 20点 2020年コンクールは総勢277名が参加。研修生部門、従業員部門、経営者部門の3つのカテゴリーに別れ、石沢は参加した”経営者”部門にて、名だたる人気店のブーランジェを飛び越え、見事2位・準優勝に輝きました。 「なかなか名前が呼ばれないので、このままずっと呼ばれずに終わるのではと思った。初めて使う窯で焼くなど、いつもと違う環境で作るガレットは本当に緊張しました。はじめてのフランス、皆さんのおかげで結果を残せて、本当にうれしいです」と表彰後、安堵の表情を見せました。 ビゴ東京各店舗では1月末日までガレットデロワを販売。美しいクープ模様、サクサクのフイユタージュ生地、コクのあるアーモンドクリームが特徴的なビゴ東京のガレットデロワで、新年の運試しをしてみてはいかがでしょうか。

Recommend Column

令和元年「現代の名工」に選出されました ‥ 続きを読む
この夏、吸う人も吸わない人もおいしくパンを! BIG‥ 続きを読む
祝・新元号!記念ガレットの特別販売のお知らせ 今上天皇の生前退位と新‥ 続きを読む

プライバシーポリシー | 法人のお客さま
Copyright © 2018 Bigot Tokyo All Rights Reserved