フランスパン

基本の材料は小麦粉とイースト、塩、水のみで
発酵による小麦粉の味や香りをたのしめるのが醍醐味。

パンはフランス人にとっては毎日食べる「命」そのもの。

ごくシンプルな材料だからこそ、このパンを上手に焼き上げるには、
生地をしこむ手の感覚と作り手の完成、発酵、焼き方の知識と技術が必要になります。
ビゴではそれぞれのパンに合ったフランス産、また大変すばらしい粉があるカナダ産の小麦などを自分たちで工夫し、組み合わせ、ムッシュ・ビゴの教えを忠実に守りながら今日もパンづくりをしています。

Baguette バゲット
皮は薄くパリっとし、身は柔らかみがあり、大小不揃いの気泡ができているのが特徴。フランスパンの代表。
Batard バタール
「中間の」という意味。太めなので内側のやわらかい部分が多く、皮は薄めに焼きあがる。
Parisien パリジャン (左)
パン・トラディショネルの典型 一番長くて太く、食べごたえがある

Batard Special バタール・スペシャル
フランス産小麦を使用。皮はパリっと、身はもっちりしているのが特徴。フランス本国ではおなじみの製法。
Baguette speciale バゲット・スペシャル
フランス産小麦を使用したバゲット 皮もしっかりとしていて本国でも定番とされる日常使いのフランスパン
Baguette M.BIGOT ムッシュ・ビゴ
フランス産小麦を使用 先端の歯ごたえが醍醐味だが、湿度の高い日本では、召し上がりは当日をおすすめしたい

Pain au levain パン・オ・ルヴァン
ルヴァン(天然酵母)を使用  まろやかで心地のよい酸味は熟成したチーズやワインと最高の相性
Seigle Aubergne セーグル・オーベルニュ
ライ麦98%使用 身はもっちりとしていてどんな食材とも相性抜群
Marguerite マーガレット
マーガレットの形をしたプレーンなフランスパン パンナイフがないシチュエーションでもプチパンとして活躍してくれる

Seigle noix raisin セーグル・ノア・レザン
くるみとレーズンを練りこんだセーグルパン チーズと組み合わせても美味しい
Polka aux noix ポルカ・オ・ノア
くるみ入りのフランスパン 「ポルカ」とは斜め格子状のクープのこと
Figues フィグ
いちぢくを練りこんだフランスパン チーズとの相性は格別

Olivier オリビエ
塩漬けされたグリーンオリーヴを練りこんだフランスパン お酒のおつまみに最適
Boule ブール
「ブール」とはフランス語でボールの意 どんな場面でも使いやすいシンプルなフランスパン
Chataigne シャテーニュ
栗の粉を使用し さらに栗を練りこんだフランスパン ほのかな甘みともっちりとした食感が特徴的

Dainagon 大納言
大納言を練りこんだフランスパン ほのかな甘みが病みつきに
Paysanne fruits ペイザン・フリュイ
ドライフルーツとくるみを練りこんだプチ・バゲット オレンジピールが品の良いアクセントに
Pain fromage パン・フロマージュ
プレーンなチーズをごろごろと練りこんだフランスパン 焼き立ては中からチーズがとろけ出して何ともいえない美味しさに

Epi-bacon エピ・ベーコン
エピ(麦の穂)をかたどったベーコン入りのパン 噛むほどに味わいが増してくるのが特徴
Rodeve パン・ド・ロデヴ
中身はもっちりと軽いフランスパン ロデヴ村のスペシャリテを再現

※取り扱い商品は季節や店舗によって異なることがございます。詳細は、各店舗までお問い合わせくださいませ。

Copyright © 2012 Bigot Tokyo All Rights Reserved