キャンセル 保存
保存 HTMLを開く 画像 キャンセル

Histoire de la Galette des Rois : ガレット・デ・ロワの話



エピファニー(公現節)の祝日に食べる

  Galette des Rois:「ガレット・デ・ロワ」



1月中はたくさんのパティスリー・ブーランジュリーで見かけるようになった「ガレット・デ・ロワ」。切り分けて、あたりが出たら1年の幸せを約束されるというなんとも楽しいお菓子です。バター香るサクサクのパイ生地の中にアーモンドクリームが詰まった何とも贅沢な味わい。今回はそんなガレット・デ・ロワのご紹介です。


そもそも、ガレット・デ・ロワとは?

 

「王様のお菓子」という意味のフランスの伝統菓子です。

中にはフェーブと呼ばれる小さな陶器が入っていて、切り分けたときにそれが当たった人は王冠をかぶり、「王様」「女王様」として皆からたくさんの祝福を受け、そしてその一年を幸せに過ごせると言われています。

発祥の地 本国フランスでは新年を祝うためには不可欠で、この時期人が集まる機会があれば、各自が自慢のガレット・デ・ロワを持ち寄り、一年の幸運をもたらすフェーヴのゆくえをめぐって盛り上がります。

 


ガレット・デ・ロワはもとはキリスト教のお菓子だった

ガレット・デ・ロワはもともと16世紀フランスで生まれたキリスト教の公現節(16)を祝って食べられるお菓子。この日、東方三博士が星に導かれてベツレヘムを訪れ、イエスの誕生を祝福したと言われています。
現代では宗教色はほとんど失われていますが、新年お祝いする楽しいイベントとして人々の生活に定着しています。1月になるとパン屋さんやお菓子屋さんの店頭にいっせいにガレット・デ・ロワが並び、その数の多さは圧巻!

 

 

ガレット・デ・ロワの楽しい、そして美味しい食べ方

 

皆の前で切るとフェーヴがどこにあるかわかってしまうので、誰かひとりが皆のいないところで切り分け、最後に残った一切れを取ります。 

本国フランスの家庭では、お母さんがガレット・デ・ロワを切り分け、そしてその中で一番年の若い子供がひとり、テーブルの下にもぐります。

「このガレットは誰の?」とお母さんがテーブルの下の子どもに尋ね、「それは○○の!」と、その子供がどのガレットが誰のところへ配られるかも、全部決めて食べるのです。

 

 またBIGOT TOKYOのガレットデロワは上質な発酵バターをたっぷり使ったパイ生地ですので、室温でもおいしく召し上がれますし、オーブンで少し温めていただくと より美味しく召し上がれます。

 

 

★ クラブ・ドゥ・ラ・ガレット・デ・ロワ ( ガレットデロワ協会 )とは

 

フランス大使公認で、正統派菓子を普及する協会です。

名誉会長に駐日フランス大使、会長をパティシエシマ島田進シェフ、副会長をBIGOT TOKYOFUJIMORI務めており、こちらの協会ではガレットデロワをはじめ、さまざまはフランス伝統菓子の普及、継承をおこなっています。毎年1月に大使館で行われるエピファニーをはじめ、各方面のイベントなども実施。

 

 

 ご案内

BIGOT TOKYOシェフFUJIMORIはムッシュ・ビゴの教えを忠実に守り、このガレット・デ・ロワという素晴らしいフランスの伝統菓子をひとりでも多くの日本のお客様に知って召し上がって頂くべく、この時期になると日々何台も焼き続け、30年以上に渡りその普及活動に勤しんでて参りました。
近年では日本でもこうして沢山のパティスリー・ブーランジュリーでもこのガレットが登場し、皆様にもお求め頂きやすくなったことを何よりの喜びとムッシュ・ビゴそしてFUJIMORIは考えます。

※BIGOT TOKYOのガレット・デ・ロワはフランス本国本来の伝統をそのまま継承するべく、ガレットの中に本物のフェーヴ(小さな陶器の置き物)が入っております。
召し上がる際、誤飲には十分にお気を付けください。また小さなお子様、ご高齢の方が召し上がる際には特に周囲の皆様のご注意をお願いしております。

BIGOT TOKYOでは1月中は毎日このガレット・デ・ロワをご用意いたします。新年のお祝いや運試しに、是非ご家族と、大切な方たちと幸せを切り分けてシェアしませんか。




Copyright c 2012 Bigot Tokyo All Rights Reserved