キャンセル 保存
保存 HTMLを開く 画像 キャンセル

BIGOT TOKYOは伝統菓子の普及と継承に努めております


 

多くのフランス菓子は、その土地ならではの素材や製法が光る、地方色豊かなものばかり。

中には時代背景さえうかがえるものもあり、フランスの長い歴史をともに、その道を歩んできたことは明確です。

今日洋菓子は広く普及し、様々な形で発展を遂げていますが、

だからこそ伝統菓子の本来の味、魅力を大切に守り続け、伝えていきたい。

多彩の伝統菓子と、その文化をたのしむこと、そしてそれをひとりでも多くの人に知っていただけたら・・

FUJIMORIは日々考えています。

 


外はカリっと中はもっっちりボルドー地方の伝統菓子。日本で起きたあのブームの裏側も・・?
1月に食べるフランスの伝統菓子。当たれば王様?その歴史や美味しい召し上がり方の紹介。
アルザス地方発、たっぷりのドライフルーツやスパイスがたのしめる冬のスペシャリテ。美味しい食べ方も。
ソローニュ地方ラモット・ブヴロン村の「ホテルタタン」でうまれたリンゴのタルト。タタン姉妹の失敗から生まれたそのタルトは、まさに偶然の賜物。



























Copyright c 2012 Bigot Tokyo All Rights Reserved